LOG IN

ラフ~完成◇イラスト制作過程

by 煙花

ペンを持つと あら不思議 紅茶が冷めます…

制作過程ですイラスト講座ではありませんのでご注意ください ※完成品:下部5番

制作:煙花 HP  使用ソフト:Photoshop・Illustrator

  1. イメージ~ラフ
  2. 線画~パーツ分け
  3. 着彩《人物》
  4. 着彩《背景》
  5. 加工~完成!
  6. 付録 ラフと完成品を比較

1.イメージ~ラフ

最初は線でイメージが見えてくるまでガリガリと描き込み…入れる物が決まってきたら色をのせながら仕上がりを探ります ちなみに今回のキーワードは「人形師」 眼球パーツと見つめ合ってください!

2.線画~パーツ分け

ラフに納得したらラフを薄く表示した状態で線をおこします 人物の作業をすませてから背景⇒小物の順に 肌の図柄や服のレースはレイヤーを分けて描き込んでいます 細かい部分を後で描こうと思っているとまず忘れるので先に描きます

色塗りの準備としてパーツ分けをします 人物・前景・背景でざっくりと分け 必要に応じてさらに細かくします

レースや装飾品などの繰り返しが多いものはブラシに登録 変形で調整します

3.着彩《人物》

ラフから色をとりながらベース色を決めます ベースは予定より暗めの色を置いておき 明るい色をのせて調子をつけていく方法を採用 個人的に人物がいるときは顔から入ることが多いです ここがやる気の分かれ目 イメージ通りになるようがんばる!

また ここで背景と髪にはテクスチャを入れています 背景には青海波のイメージをIllustratorで作成して貼り込み 見えなくならない程度に潰しました 髪は水彩風のブラシで変化を加えています

ひたすら描き込み… 髪はテクスチャの感じを生かすべく ほどほどを心がけて

4.着彩《背景》

人物の色作業がだいたい終わったら背景や小物に手を入れます レイヤー数がかなり増えてきて作業が重い…! 小物を塗りながら人物の気になったところにも手を加えます

背景に舞う紙幣は 一度 別の場所で描いてから変形で形を合わせています 扱いは小さめなので紙幣だと分かる程度にざっくり

5.加工~完成!

全体に程良く手が入ったら全体に加工を施して仕上げます 時間に余裕のあるときはこの状態で3日くらい放置 最後に全体をチェックして…完成!

6.付録 ラフと完成品を比較

線画の段階で背景を少々変更…見たときに右半分の印象が強くなるように調整しました それ以外はほぼラフからの予定通りだと思います

以上、イラスト作業過程でした 最後までご覧いただきありがとうございます!



煙花
OTHER SNAPS